低金利融資

低金利融資、金利の低いカードローンはどこだ?

お金を借りるなら低金利融資が良いですよね?

 

給料日前でお金が足りなかったり、突然の出費で
お金が必要になることが時々あります・・・。

 

 

お金が必要なのはしょうがないとしても
返すことを考えるとできるだけ低金利でお金を借りたいところですよね。

 

 

そこで、低金利でお金を借りるなら(低金利融資)ことのできるキャッシング・カードローンの会社をまとめてみたので紹介します。

 

 


金利の低いカードローンで人気のとこ。

金利の低いカードローンランキングをまとめてみました。ぜひ見てください。

オリックス銀行カードローン


低金利融資先で最初に見たらよいのかなと個人的に思うカードローンはオリックス銀行カードローンです。

CMや広告等で知っている方も多いと思います。

金利が年1.7%〜17.8%と低水準にあるのが魅力です。

利用する際は、全国に提携ATMが97000台以上あるので使いやすいです。
(2017年5月末現在)
利用場所も、セブン銀行ATM、ローソン、Enet、イオン銀行、ゆうちょ銀行、
三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行など色々な所で利用可能です。

急いでいる方は、審査のスピードが気になると思うのですが、
スピーディな方だと思いますし、来店や口座の開設もなく
契約したら提携ATMでお金を引き出せるので使いやすいと思います。

お金は急に必要になるので、こういう利用のしやすさはポイント高いですよね。

あと、融資の限度額は最高800万円と多いので、
子供の教育費用やリフォームや引っ越しなどまとまった金額いる際も
使えてよいと思いました。

その他の情報は公式のページにわかりやすく書いてあるので、
よさそうだなと思った人は一度見てみるとよいですよ(^^

▼詳しくはこちらから
多様なニーズに対応!オリックス銀行カードローン!


SMBCモビット
モビット
モビットは、三井住友銀行グループの会社です。

インターネットやスマホから24時間カードローンやキャッシングの申し込みをすることが可能なので、
申込みしたその日に振り込みOKです。
(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

即にスマホを使ったカード申し込みなら入力する項目が少なく
申し込みやすいと思います。


昔は電話郵送物が届いて時間がかかったのを考えれば
すべてネットとメールで手続きできるのは時代の進化ですよね〜。

限度額は1-800万円で、金利は3.0%〜18.0%とカードローンの中では
低金利融資の水準に入るサービスです。

借り入れの仕方としては、振り込みと提携ATMの2つの方法があります。
振り込みの場合は、三井住友銀行または、三菱東京UFJ銀行に普通預金の
口座があれば、使い勝手が良いです。

口座がなくてお急ぎの場合は、提携ATM(銀行やコンビニなど)
を利用する事ができるので利用もしやすいと思います。


貸付利率:3.0%〜18.0%

■詳しくはこちらから↓
SMBCモビット詳細ページへ


プロミス(PROMISE)


はじめてプロミスを使う方なら30日間無利息になる
プロミスもよいですね。
(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

低金利というか、無利息というから、利息0%ということになり、究極の低金利融資ですごいですよね。

他の会社でも無利息サービスをやっていたりするのですが、
多くの会社は、カードを作った日から無利息が始まります。

その点、プロミスはお金を借りた時から無利息期間が
はじめるので、消費者金融でいつ使うかわからないけど
とりあえずカードを作っておきたい!という場合にも良いと思います。


その他の特徴としては

・申込みは24時間で、審査は最短30分。
・簡易の診断になりますが、3項目を入力すると
 3秒で診断してくれるなどスピードが速いのも特徴です。

・実際の融資も、平日の午後2時までにweb契約を完了させてしまえば、
 当日に振込してもらう事も可能ですよ。

・女性専用窓口がある。
 キャッシングというと利用のハードルが高い方も女性のオポレーターが最後まで相談に乗ってくれる
 専用の窓口があるので安心です♪


実質年率:4.5%〜17.8%
融資額:最大500万円


アコム

TVCMや電車の中づり広告で有名なのはアコムです。

アコムも利息が4.7%〜18.0%と低金利でお金を借りることの
できるキャッシング・カードローンの会社だと思います。


一定の収入があれば、
パートやアルバイト、学生の方でも利用することができますし、
審査も30分以内に回答してくれるので、すぐにお金を
借りたいという時も便利だと思います。

他の会社と同じくインターネットを使って申込みできるので
お店に行かずに借り入れてできて便利だと思います。


借入れ方法としては、振り込んでもらう振込キャッシング、
銀行、コンビニなどのATMでお金を受け取ることができますよ。


仮の診断となりますが、生年月日、年収、他社からの借り入れ情報を
入力する3秒診断を利用すると借り入れできるか判断することができます。


金利:4.7%〜18.0%
融資額:1万円〜500万円
即日振込:可能


低金利融資の借入れに行く時の服装について思う事。


昔は消費者金融に借り入れに行く時に
直接窓口に出向かないと借りれませんでした。

当然、その人の身なりとかを見られるとのかなと思って
普段より、身綺麗な格好で出かけることが多かったです。

見た目で、ちゃんと返済できなさそうだから、
審査を断ろう・・・と判断されたら切ないですものね。


疲れた感じよりも、さわやかな感じが良いかなと。


そんな話を友達にしたら、笑われました。

見た目の印象と借り入れの審査は全くの別物で、
審査はあくまでも、現在の収入や、どういう会社に勤めているか
他の借り入れの金額などが大事みたいです。


聞いてみれば当たり前の話ですが、
やはりなんとなく、身綺麗いして自動契約機には出かけてしまいます。


低金利融資、カードローン、借り入れ、キャッシング、でよく使われる、金利という言葉について

よく、広告などで低金利融資を売りにしている消費者金融を見かけますが、
この金利には、利息、利子、利率、金利などのよく似た言葉があり、どれが何を指しているのか、
いまいち曖昧であったり、混乱されていたりする方も多いのではないでしょうか。
そもそも、利息と利子については、お金を借りた時に貸主に対して支払う金銭ですので、単位は円になります

。いずれも同じ意味を持つ言葉ではありますが、支払う側から見れば利子、受け等側から見れば利息と
名前を変える事で区別しています。また、利率とは、利子の(1年間の)割合を指しますので、単位はパーセントが使われます。


まとめると、融資を受けた時に生じるお金を借りたレンタル代の様なお金のこと。

借りる側から見たら→利子
貸した方から見たら→利息

という感じだと思います。最近の融資を受けられる会社は、借りたお金を入れると
返済のシュミレーションをしてくれるところが多いので、
借りる時にどんな返済になるのかチェックしてみるとイメージがわいてよいと思います。


低金利融資キャッシングの審査の内容について教えてください。


私の生活は趣味の音楽への出費が本当に大きくて、仕事で忙しい毎日の中でそれだけが唯一の救いとなっています。そこでいつも新品のギターを見かけるとついつい購入してしまうのです。先日はその購入でお金が足りなくて、はじめて消費者金融のキャッシングを活用しました。

私が選んだのはネットからの申し込みでしたが、まずは申請フォームに必要事項を記載して、なおかつ身分証明書や年収証明書をスマートフォンで撮影したものを送信して申し込みは完了です。それから審査に入るわけですが、この時の大まかなチェックポイントは3つあります。まずは信用情報機関への照会を通じて過去の借り入れで問題を起こした履歴がないかを審査します。この時に返済不能に陥った過去が判明すると審査落ちする可能性があります。

次に総量規制に抵触しないかどうかのチェック。これは年収証明書で年収を確認し、なおかつ信用情報にて他社からの借り入れの有無などを確認した上でその総額が年収の3分の1を上回っていないかどうかを確かめます。さらに勤務先や自宅への電話確認があります。これは申請時に記載した番号が正しいかどうかを確認すると同時に、勤務先にきちんと申請者の勤務実態があることをチェックするためのものです。

私の場合、以上の3点になにも問題がなかったので即日中にキャッシング振り込みが低金利融資で行われました。ギター購入費7万円が即座に手に入り、本当に便利で助かりました。


  • 銀行系のカードローンと普通のカードローンの違い

銀行系カードローンと普通のカードローンの違いは、どこの会社が提供しているかによります。
一般的に銀行系カードローンと呼ばれるサービスは、銀行系という言葉から銀行が提供しているように見えてしまいますが実は銀行そのものが提供しているわけではありません。これは、一般的なカードローンを提供している銀行とは大きな違いが存在します。
銀行系カードローンというのは、消費者金融という貸金業者が提供している無担保のサービスです。基本的に、大きな金額ではお金をかすことは出来ない代わりに小さなお金で融資をすることになります。

一方で、普通のカードローンでは銀行がサービスを提供するので大きなお金を借りることも可能です。
そのかわり、審査が銀行系のカードローンよりも厳しくなってしまうデメリットもあることに注意が必要です。
この辺が低金利融資とはいえ注意しないといけない所ですね。

銀行系カードローンは、あくまでも消費者金融が実施しているものであるため審査基準も銀行ではなく消費者金融を基準として考えます。実際、銀行カードローンのサービスを非常に使いやすく審査も簡単に通ることが出来ました。

二つのサービスは根拠としている法律そのものが異なるため、全く違うサービスであることを知っておかなくてはいけません。

お金を借りた体験談。

 

アコムでお金を借りた体験談

 

自分が初めて消費者金融からお金を借りたとき、借入先として選んだのはアコムでした。なぜアコムを選んだのかというと、まず、テレビコマーシャルがたくさん流れていて、知名度が高かったからです。やはり、お金を借りるということは他の人には知られたくないので、借入先はしっかりしている会社ではないと困ります。顧客名簿が流出するといったことが起きたりしない会社というと、やはり、社会的な信頼がある会社ということになるので、そこまで低金利融資ではなかったですが、知名度の高いアコムにしたのです。

 

また、アコムから借り入れをして、ポジティブな体験をした人が多いというのも理由の一つです。借入先を決める前に、インターネットでキャッシングの体験談を読んだのですが、その中で、対応がよくて返済が遅れそうなときでも親切に対応してくれるという意見が多かったので、安心だと思ったのです。

 

それで、アコムのウェブサイトから申し込みフォーム経由で審査を申し込んだのですが、すぐに女性のオペレーターから電話がかかってきて、丁寧な対応をしてくれました。そして、審査は無事に通って、クレジット機能つきのカードが郵便で送られてきました。早速、カードでキャッシングをしてみましたが、最寄りの銀行のATMから借り入れも返済も出来て非常に便利だと感じました。